一戸建てを売ることで消費税の納付が必要な場合がある

img-1

不動産売買において、ある個人が売主となって別の個人に一戸建てを売却する場合、売主が購入した人から受け取る代金について消費税が課税されることはありません。

藤沢の不動産の情報をご案内しているサイトです。

売主に消費税が関係してくるのは、売主が媒介契約を結んだ宅建業者に対して仲介手数料を支払う時と、抵当権抹消登記の申請書類の作成を司法書士に依頼する際の料金の支払い時です。

一方、買主も、所有権保存登記や所有権移転登記などの作成を司法書士に頼む際に支払う報酬の中に消費税が含まれてます。

目黒区のペット可がさらに話題になりそうです。

しかし、個人同士の売買以外のケースになると、一戸建ての売買によって消費税を納めなければならない場合があります。



例えば、宅建業者自身が売主となって自社で保有している一戸建てを個人に売った場合がこれにあたります。

目的に応じた岩手の注文住宅関する情報選びで悩んだ時に見てほしい情報をそろえました。

宅建業者が自社で保有している一戸建ての物件は住居用としてではなく事業用として保有しています。


事業用として保有している自社の財産を個人に販売し、対価として代金を得る行為は、消費税の課税対象となる取引です。

名古屋の分譲賃貸の総合案内サイトです。

そのため、宅建業者は物件を個人に販売し、売り上げが出た場合は、その一部を消費税として納めなければなりません。

http://getnews.jp/archives/1498667

そして、宅建業者から物件を購入した買主は、物件価格に消費税分が上乗せされた金額を宅建業者へ支払うことになります。

https://allabout.co.jp/gm/gc/463929/

なお、不動産売買において消費税が課税されるのは建物の取引のみとなっています。

土地の取引は非課税取引とされているので、土地の部分については消費税のことを考慮する必要はありません。

https://okwave.jp/qa/q2094847.html

関連リンク

img-2
一戸建てで制限の少ない自由な生活を送る

一戸建てというのは、集合住宅と違って堅苦しい決まりがありませんし、周りの住人との関わりと言うものもありませんから、のんびりと自由度の高い生活を送っていくことができます。色々なことに縛られず、自分のペースで行動ができるというのは、とても気が楽なものです。...

more
img-2
一戸建て生活で魅力の庭の存在

一戸建てと言うのは、所有意識を高く持てるのが魅力の一つです。土地と建物が自分の世帯のものですから、マイホーム、という感覚がとても強い形の住まいと言えます。...

more
top