一戸建ての取得時の登録免許税は特例の適用で安くなる

img-1

一戸建てを手に入れた場合に法務局へ行わなければならない登記には、建物表題登記、所有権移転登記、所有権保存登記、抵当権設定登記の4種類があり、各登記の申請時に登録免許税の納付が必要です。
このとき、建物表題登記を除く3種類の登記では、ある要件を満たしていれば登録免許税の税率が軽減される特例を受けることができます。

信頼性の高い岩手の注文住宅情報について考えます。

まず、所有権保存登記では、一戸建てなどの自己が居住するための住宅を新築してから1年以内に登記手続きを行えば軽減税率が適用されます。

コインランドリーの情報を調べてみましょう。

ただし、新築した住宅の床面積は50平方メートル以上でなければなりません。

目黒区のペット可選びをサポートするサイトです。

所有権保存登記は基本的に住宅を新築した場合に行われるものであるため、この登記で特例が適用されるのは新築住宅のみとなっています。

よく利用されている名古屋の高級賃貸マンションの情報はかなり役に立ちます。

一方、中古の一戸建て住宅を手に入れた場合は、建物の所有権移転登記で特例を受けられる可能性があります。

藤沢の不動産の情報収集ができます。

この特例は、新築されてからの経過期間が20年以内となっていて、床面積が50平方メートル以上である中古住宅を取得し、1年以内に登記手続きを行った場合に適用されます。

http://girlschannel.net/topics/16018/

この要件は一般の住宅の場合のもので、耐火建築物の場合は新築されてからの経過期間についての要件が25年以内となります。

https://okwave.jp/qa/q5631680.html

また、新築住宅における保存登記の特例や中古住宅における移転登記の特例の対象となっていれば、この住宅への抵当権設定登記の際の登録免許税も減免の対象となります。
なお、登録免許税の減免の特例を受ける際は、市区町村から住宅用家屋証明書の交付を受けなければなりません。

https://matome.naver.jp/odai/2143580523507402101

この証明書は、その家屋が住宅用家屋であり、税の減免の適用対象であることを示す内容となっている重要な書類ですが、交付申請時の必要書類が多いため、登記書類作成を依頼された司法書士が代理人となって申請手続きを行うことが多いです。

関連リンク

img-2
一戸建て生活で手に入る円滑さ

住まいを設ける際には色々な方法があり、近年は高層タワーマンションやデザイナーズマンションと言ったオシャレな集合住宅も目立っていますが、一戸建てもまだまだ魅力がある住み方の一つです。一戸建てで得られる快適さや利便性と言うのは色々ありますが、その中の一つが、円滑な行動ができるというものです。...

more
img-2
一戸建て住宅と用途地域

一戸建て住宅を建築する際には都市計画により用途地域が定められているため、いろいろな条件が定められています。用途地域の中でも大きな部分を占めているのが建ぺい率や容積率となりますが、土地に対して建てられる建物の面積を規定した内容となります。...

more
top